ギターアンプのINPUTジャック交換 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

ギターアンプのINPUTジャック交換

今までわりと避けてきたアンプの修理です。

 

アンプはギターとパーツも違うし電気は通ってるしでなかなか勝手がちがいます。

が、外部に修理見積もりを出すと結構な金額になってしまうのですよね。

 

 

というわけで、INPUTジャックが完全に壊れてしまったフェンダー・アンプです。

基盤をアンプから取り外し、さらにジャック部を取り外します。

 

1992年製のFender MEXICO Champion・・・ジャックの中は端子が折れ曲がりひどい状態でした。製造からかれこれ25年ですものね。

 

 

ジャックのついていた基盤。ここからジャックへと配線を這わせます。アンプ用のジャックは持ち合わせがないのでギター用のスイッチクラフトを使用しました。

 

 

こんな感じで仕上がりました。

 

 

ケーブルのジャックをしっかりとホールドしてくれます。これでまたカラッとしたフェンダーサウンドを奏で続けてくれるでしょう。

 

コメントをどうぞ