11月 « 2012 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

2012 年 11 月 のアーカイブ

ウィットナーのメトロノーム

2012 年 11 月 29 日 木曜日

 

今日はメトロノームのご紹介です。あのピアノの上でカチコチリズムを刻む振り子のことです。

 

最近は手軽な電子式のものも随分増えましたが、振り子ならではのカチカチ音と視覚的にリズムを把握しやすいということで、アナログタイプも根強い人気です。

 

その昔ながらのメトロノームの代表的メーカーがドイツのウィットナー。ドイツ製ならではの正確さと、オシャレなデザインが長年愛される理由です。

 

 

この「タクテル・ピッコロ」というモデルは若干小型で、ギターや管楽器のリズム取りにぴったりのサイズ。

 

 

伝統的な振り子の揺れはとても自然で、リズムも正確。音量は大きすぎず、耳障りにならない音色です。リズム感を鍛えたい方!ぜひ温もりのあるアナログメトロノームを使ってみませんか?(WITTNER タクテル・ピッコロ 黒orアイボリー 各5,500円)

 

今日のレッスン———————————-

 

今日行ったギターレッスンの曲をご紹介。

 

今日はテレサ・テンの「つぐない」です。いや、これも名曲ですね。「時の流れに身をまかせ」はスローなテンポでしたが、こちらはラテンのフレーバーが感じられる若干アップテンポなナンバーです。

 

 

この哀愁感たっぷりのメロディを聞くと気分は昭和へタイムスリップですね(笑)

 

ソプラノリコーダー

2012 年 11 月 27 日 火曜日

 

ヤマハのソプラノリコーダーです。小学校で使う楽器の定番ですね♪

小学校2年くらいまでが鍵盤ハーモニカで、3年生くらいからリコーダーになった記憶があります。

 

 

このモデルは学校で使用するようなちょっと高いモデルとは違って、黒い塗装が無かったりケースが薄型になってたりするコストダウンバージョンです。でも音色はご安心下さい。あの懐かしのヤマハサウンドです。

 

リコーダーといえば黒!という先入観がありましたが、こうして見てみると白いリコーダーもオシャレで良いかもしれませんね。(YAMAHA ソプラノリコーダー バロック式 1,260円

 

 

今日のレッスン○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

 

今日行ったギターレッスンの曲をご紹介。

 

今日はRADWIMPSの「遠恋」です。RADWIMPSは高校生~大学生にとても人気のあるバンドで、コピーされる率もかなり高め。一時期はバンプオブチキンと同じくらいでしたが最近ではこのRADの方が人気かもしれません。

独特な雰囲気のある曲ですね。各パート難易度高めですがコピーしがいのある曲だと思います。早速バンドピースを仕入れようかな・・・。

 

 

試奏用 Carvin VINTAGE16

2012 年 11 月 26 日 月曜日

 

試奏用にちょっと珍しいアンプを展示中です。

 

Carvinのフルチューブアンプで、その名もヴィンテージ16。16Wの小型コンボです。15Wじゃなくて16Wという所が面白い。

 

 

見た目はフェンダーのツイードをかなり意識したデザイン。コントロールつまみの形状やジュエルタイプの赤ランプなんてまさに、です。スピーカーはセレッションのヴィンテージ30。

 

 

アンプ用スピーカーの超定番モデルです。

音色はやはりクリーン重視でゲインを上げてもそれほど歪まず、歪ませたとしても潰れたような感じになってイマイチでした。ゲインを下げてみると独特のコンプレッションサウンド。音のアタックが強調されたコンプの掛かったような音色。カッティング、グルーヴィなソロに相性が良さそうです。

 

 

裏の表示を見てみます。年式は不明ですが、今は倒産してしまった共和商会が代理店をしていた時代のもの。10年以上昔でしょうか。このアンプはしばらく展示していますので、興味のある方、ぜひ弾きに来て下さい♪

マイクケーブル作成

2012 年 11 月 23 日 金曜日

 

今日はひたすらマイクケーブルを作っていました。

 

普通のシールドケーブルは何度か作成したことがあるのですが、マイクケーブルは全くの初めて・・・。ですが基本はシールドケーブルと同じですね。

 

マイクーケーブルは2芯。シールドの他に銅線が2本入っています。

 

 

ケーブルは日本のMOGAMI。ゴム被覆を取ってみると、銅線の他に何も入っていないただのナイロン線が2本・・・。これは一体何なのだろう?

 

 

コネクターはノイトリック。ノイトリックってアメリカのメーカーかと思っていたら、実はスイスなんですよね。さすが時計で有名なスイス。こういう細かいパーツの精度は非常に高いです。

 

 

ポイントを半田していきます。シールドケーブルを作るときもそうなのですが、アースを他の線より短めに取って、断線するときはまずアースが先に逝くようにするのがポイント。アースが切れてもとりあえず音は出ます。

 

 

ジャーン!見慣れたXLR端子になりました。一本仕上げるのに最初は30分くらい掛かっていましたが、慣れてきたら10分程度で仕上げられるようになりました。

 

 

今日のレッスン□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

今日行ったギターレッスンの曲をご紹介。

 

今日は関ジャニ∞の「LIFE 目の前の向こうへ」です。割とコード進行が簡単で初心者の女の子なんかにもオススメです。原曲は半音下げチューニングですね。関ジャニの曲は全般的に半音下げチューニングが多いみたいです。

 

ペグワインダー

2012 年 11 月 22 日 木曜日

 

3年間使用していたピックボーイのペグワインダーがついに寿命のようです・・・。

 

ペグワインダーはギターの弦を巻くペグを素早く簡単に回すための道具で、自分のような頻繁に弦交換するような仕事には欠かせない道具です。

 

やはり回転部分がグラグラと不安定になってきています。

 

 

そこで前から気になっていた、カポタストで有名なメーカー、シャブ(SHUBB)のワインダーを取り寄せて試してみることに。

 

 

今まで使っていたピックボーイのワインダーはドイツ製。そしてこのシャブのワインダーはアメリカ製です。

 

 

パッケージ裏に書かれた図によると、一番弱い回転部分にリベットやスクリューを用いないことで耐久性を向上させているそう。長く使えるのは嬉しいですね。

 

 

開けてみました。残念だったのが、ペグをホールドする部分が1パターンしかなかったこと。ピックボーイには大小2パターンの溝があり重宝していました。どうやら小さいペグを回すのは難しそうです。。

 

 

ですがシャブワインダー、握り心地は上々です。ピックボーイみたいにグリップが平らでないので、しっかり握れます。また回転具合もGOOD。軽い力でクルクル周ります。

しばらくシャブワインダーをメインに使って様子を見ようと思います。(SHUBB ワインダー・1050円、PICKBOYワインダー・840円)

Panasonic ヘッドホンに新色追加

2012 年 11 月 20 日 火曜日

 

MY楽器で販売しているヘッドホンで、売り本数ナンバーワンがこのパナソニックのレトロなヘッドホンです。AKGやゼンハイザーといった他社のものと比較できるように試聴機が置いてるのですが、聴き比べた方のほとんどが、このパナソニックが一番音が良い、と評価して下さいます。

 

 

確かに聞いてみると他社のヘッドホンより音がクリアで、小さな音までしっかり聞こえる気がします。

 

ですが一番の違いは低音。

 

よくある低音重視のヘッドホンにありがちな「バスドラムとベースがごちゃまぜで聞こえる」ということがなく、バスドラムとベースがしっかり分離して聞こえるのです。低音の聞こえ方は音楽のスピード感に直接影響するので、いつもの音楽がよりグルーヴィに、乗りよく聞こえるようになるはずです。

 

そんなパナソニックのヘッドホンに新色、黒とライムグリーンが追加になりました♪ヘッドホンのグレードアップをお考えの方、ぜひご検討下さい!(5,250円・各色)