8月 « 2013 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

2013 年 8 月 のアーカイブ

弦高調整

2013 年 8 月 31 日 土曜日

 

エピフォンのアコギです。

 

DSC01852

 

どうも微妙に引きづらい、ということで弦高を計ってみると、1弦側の12Fで2.2mm。それほど高いと言うわけではないのですが、なるべく下げる方向で調整しました。

 

 

 

結局1.9mmくらいまで下げました。これ以上下げると盛大にビビりだすので、ギリギリのところです。たった0.3mmの違いなんですが、これが結構かわるんですよね。

 

さらに低くする場合はビビる箇所のフレットを削る方法もありますが、ライブが近いということで今日はここまで!

 

今度はテレキャスター

2013 年 8 月 30 日 金曜日

 

連日のギター調整です。今日はテレキャスター。

 

DSC01846 DSC01845

 

内容は弦高調整と弦交換でした。「長期間使っていなかった」とのことでしたが、さすがフェンダー、少しの調整ですぐ良いコンディションに持っていくことができました。

 

ひと夏越したギターは状態が悪くなっている場合があるので、最近調子が悪いと感じてらっしゃる方はぜひ一度ギターをお持ち下さい。

 

レスポール調整

2013 年 8 月 29 日 木曜日

 

レスポールの調整をしました。

 

ネック、サドル、ブリッジなど・・・。全体的なメンテナンスです。

 

DSC01849 DSC01848

 

弦高を適正値にするためにコンマ数ミリ下げたのですが、ブリッジがこれ以上下がらないので、サドルの溝を深くして調整。

 

また、1弦が「みょ~ん」とシタールみたいな音になっていたのでナットを調整して直しました。

 

Roland DEP-3

2013 年 8 月 26 日 月曜日

 

もう使っていないから・・・ということで、お客様からローランドのリバーブ&ディレイエフェクターDEP-3を貸していただきました。

 

DSC01825

 

ずっとラックにしまっていたそうで、ほぼ傷なしの新品同様品!

早速使ってみました。

 

DSC01824

 

全てのパラメーターが一目瞭然なので、操作は非常に簡単。リバーブも「ルーム」「ホール」「プレート」と定番が揃ってます。

しかし音はいまいち。サラっとしすぎるというか、表面的な感じのリバーブで空間の奥行きが感じられませんでした。残念。。

 

DSC01823

 

ところが試しにセレクトスイッチを「Delay」にしてみたら・・・「おぉ、使える!」。わざとらしくない、絶妙なステレオ感が出て、特にボーカルに掛けた時の存在感はなかなかのものです。

 

ディレイのタイプが一種類しかないのがとても残念ですがこのDEP-3、しばらくボーカルの定番ディレイとして活躍してくれそうです。

 

エレキ二胡

2013 年 8 月 24 日 土曜日

 

エレキ二胡です。電子二胡ともいうのでしょうか。

とにかくサイバーなルックス。

 

DSC01841

 

未来の楽器みたいです。チューナー&メトロノーム内蔵!

 

DSC01842

 

駒の下にコンタクトタイプのピエゾピックアップが内蔵されていて、こちらで音を拾ってアンプに出力します。

 

DSC01843

 

9V電池で駆動。ボリュームとトーンノブがついてます。

 

DSC01844

 

さて、肝心なのは音!ということで、当店二胡教室の講師、野田先生に弾いてもらいます。アンプはフィル・ジョーンズのアコースティックアンプAG-150

 

DSC01832

 

おもむろに弓を装着し、アンプに繋いでちょっとだけ音を出したその瞬間、先生が一言!

 

「これはちがうわー!」

 

た・・・確かに。なんとも細くて頼りない音。思いっきりビブラートを掛けてもらっても二胡っぽさが出ません。ミュートしたような鼻のつまった感じの音。

結局二胡という楽器は蛇皮の表木材の胴がないとダメということなんですね。形ばかり似ていてもプラスチックではあの感じは出ない、ということがわかりました。

メーカーさんのこれからの改良に期待ですね。

 

チラシ

2013 年 8 月 24 日 土曜日

pic

 

お店にはいろいろなチラシが集まってきますが、これは変わり種。なんと映画のエキストラ募集(笑)

昭和47年の設定らしいので衣装にも気をつけないといけませんね。