10月 « 2014 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

2014 年 10 月 のアーカイブ

TC electronic NOVA SYSTEM 【中古・売り切れました】

2014 年 10 月 28 日 火曜日

TC electronicのマルチエフェクターです。

マルチエフェクターというとBOSSやZOOMのような定番ものを思い浮かべますが、そこはさすがのTC、もう形から違います。プロ用ブランドとして確固たる地位を確立している同社だけに、デザインコンセプトが他社と違うような印象です。

このNOVA SYSTEMに拡張スイッチの「switch 3」を加えたセットです。

 

DSC05195

 

このエフェクターは「ドライブ」「コンプ」「リバーブ」などが正面のメインスイッチにアサインされていて、そこを押すことで各機能がオンオフできます。また自分で作った音色をスイッチにアサインして瞬時に呼び出すことも可能。

 

このスイッチ、とても堅固で押した時の反応もよく、頼れる印象です。間隔も広めにとられていて、暗いステージ上でも踏み間違えが起きにくくなっています。バックライトがついているのにも注目。プレイヤーの実際の使用を相当意識して設計されています。

DSC05196 DSC05198 DSC05197

 

音色はさすがのTCです。空間系についてはもうここで述べるまでもなく、数々の有名スタジオで採用されているTCのラックエフェクターの技術が活かされたクオリティの高いものです。特にリバーブは自然な残響音と広がりで、もうひとつのリバーブの雄、レキシコンとはまた違う透明感と存在感が感じられます。

歪も質が高いです。なんと歪がモデリングではないのです。最近のモデリングも非常に質は高くなっていますが、やはり丁寧に設計されたアナログ回路との間には超えられない壁があるのも事実。とても上品で耳馴染みの良い音です。相当な爆音で出してもストレスは感じられないでしょう。

 

DSC05199 DSC05200

 

最新ソフトウェアはTC electronicのHPよりダウンロード可能。当機種は最新のver.1.2にバージョンアップ済です。

 

 

室の高いアナログの歪にTCのスタジオクオリティエフェクトを加えた、隙なしのマルチエフェクトです。自宅での使用のみということで傷も少ない美品。この機会にいかがでしょうか?

修理いろいろ

2014 年 10 月 27 日 月曜日

週末にお預かりしたギターの修理をすすめました。

 

DSC05187

 

tokaiの少し小型のOOOサイズギターにピックアップ(i beam active)を取り付けます。以前マーチンのOOOサイズに付けようと思ったらスペースが無く取り付けできなかったことがありますが、このギターは大丈夫でした。

 

DSC05189 DSC05191

 

ジャックとボリューム端子を取付けて完成です。

 

続いてアコギのネック調整とウクレレの弦交換です。

 

DSC05193 DSC05194

 

アコギは強く弾くとフレットの金属音が多めに出てしまうため、ネックを反らせて弦高を上げるセッティングに。

ウクレレは少し大きめのコンサートサイズで、カマカのLow-G弦セットに張り替えました。ウクレレの弦は滅多に切れないのでなかなか交換しない場合が多いですが、やはり古くなると音色が曇ったようになります。今回も交換したらポローンと明るく元気な音になりました。

 

 

音楽会の録音

2014 年 10 月 24 日 金曜日

 

気づけば秋真っ盛りです。

水の枯れたプール、イチョウの木、体育館の日差しなど、学校には秋要素が満載でした。

 

DSC05172 DSC05173 DSC05174 DSC05180

 

ということで、今日は一日お休みをいただいて、小学校の音楽会の録音でした。

朝方の体育館はすごく冷え込みましたが、窓から日が差し込むにつれ徐々に暖かくなってきました。

 

生徒たちの元気な歌声が響き渡り、とてもほのぼのとした音楽会でした。

 

Macbook HDD交換

2014 年 10 月 23 日 木曜日

※お知らせ※

10/24(金)は小学校音楽会録音のため、店舗お休みとさせていただきます。ご迷惑おかけいたしますが、何卒ご了承下さいませ。

—————————————————————————

 

2007年くらいに購入した白いMacbook。お店ではレッスン時に動画を見るために使用していました。

ところが先日、何の前触れもなく起動しなくなってしまったのです。

 

電源を押しても起動音はするものの画面は真っ白のまま・・・。

「とうとう寿命か!」と思い、代わりに家にあった古いVAIOを引っ張り出してきました。

 

DSC05159

 

ところが肝心の動画がうまく再生できません。途中で止まるしカクカクするし・・・。

けどまぁしょうがないんですよね。CPUはセレロンだしメモリも256MBしか乗ってないし第一OSがXPだし。

 

ということで壊れたMacbookを修理することにしました。

恐らくHDDの故障だろうということで、HDDを買います。

 

http://www.amazon.co.jp/HGST-Travelstar-2-5inch-7200rpm-0S03620/dp/B00CRWD0NS/ref=cm_cr_pr_product_top

 

DSC05142

 

500Gです。元々のが120Gだったので大幅な容量アップ。

あと再インストール用のOSを探したのですが見つからないので買いました。最近のMacのOSは無料なので、Snow Leopardも無料になってないかと期待しましたが2,000円でした・・・。

 

DSC05140

 

早速Macbookの裏フタを1円玉で開け、壊れたHDDを取り出します。

 

DSC05147 DSC05141

 

HITACHIのHDDでした。次にこのHDDについていたカバーを新しいHDDに取り付けます。

 

DSC05144

 

この黒いネジですが星形のドライバーが必要です。持ってないので精密ドライバーのマイナスで無理やり外しました。

そして本体にセットしてL型のパネルを取り付け完了です。

 

DSC05145 DSC05146

 

さて、Macbookの電源をおもむろに入れ、ディスクをセットします!

 

DSC05158 DSC05149

 

おぉ!前まで出なかったリンゴマークが出ました!そして待つこと数分。。

 

DSC05151

 

言語選択の画面に!

一時は捨てようと思ってたMacに復活の兆しが見えて少し感動です。

 

DSC05152 DSC05153

 

その後インストールディスクが表示されず少し焦りましたが、上のメニューからディスクの初期化を行ってインストール続行できました。

 

DSC05154 DSC05155

 

オープニングのムービーの後、見慣れたデスクトップが現れました!

 

DSC05156 DSC05157

 

こうして復活してみると、ほんとに捨てなくて良かったと思います。当然Youtubeはカクカクしないし、HDDが500Gになって、より色々な用途に使っていけそうです。

 

アンプ変更

2014 年 10 月 21 日 火曜日

 

スタジオのアンプをフェンダーからローランドに変更しました。

 

DSC05134

 

昔の銘器、BC-30です。ローランドの真骨頂、ソリッドステートのコンボアンプ。

 

DSC05135 DSC05136

 

なんとmade in USAです。スピーカもアメリカ製。ローランドの名前はついてますが、かなりアメリカナイズされた内容のようです。音色はかっちりしたクリーンというよりは少し角の取れた優しい感じ。音抜けという点ではフェンダーに負けるかもしれませんが、うちのスタジオにはちょうど良さそうな音色です。

 

DSC05137

 

リードチャンネルにはBOSS BD-2の回路がそのまま使われているそうです(お客様談)。よってまさにあの音が出ます。ジャズコの歪はイマイチ・・・という人でもこのBC-30の歪は積極的に使いたくなるはずです。

 

営業案内

2014 年 10 月 20 日 月曜日

 

本日10/20は11:00から13:00までナレーション収録のためお休みとさせていただきます。

ご迷惑おかけいたしますが、何卒よろしくお願い致します。