4月 « 2016 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

2016 年 4 月 のアーカイブ

エレキのノイズ対策

2016 年 4 月 26 日 火曜日

数日前から画像がアップできない症状ですが、Wordpressのアップデートがなかなか出ないので公式サイトを参考に自分でファイルを修正しました。

 

https://lolipop.jp/info/news/5276/

 

———————————————————————–

エレキギターのノイズ対策をしました。

ギターはフェルナンデスの3万円クラスのストラトキャスター。出来る範囲でいいのでノイズを小さくしてほしいとのご依頼。

 

DSC07567

 

あまり予算も掛けられないということなので、導電塗料は不使用。

  • アウトプットケーブルをシールド線に
  • 内部配線を最短に
  • ポット間のアースをしっかりとる

以上の三点を行ったところ、しっかり耳でわかる形でノイズを減らすことができました。以下は同じ条件でipodで録音したものです。

 

修理前

 

修理後

 

修理後に大きくノイズが減っているのが分かります。導電塗料を塗るという手もあるのですが、ストラトらしいトレブリーさを失ってしまうこともあるので、まずはこのような基本的な処理がオススメです。

 

WordPress

2016 年 4 月 18 日 月曜日

 

このブログですが、Wordpressというツールを使用していて、簡単にテーマ(デザイン)を変更できたり面白いプラグインを使用出来たりと素晴らしいのですが、たまにトラブルがあります。フリーのものですので、トラブルがあっても自己責任なのであまりプログラムに詳しくない自分にとっては諸刃の剣的な部分もあります。

 

そんなこんなで、画像がアップできなくなりました(泣)

 

wordpressを最新のバージョンに更新した後にアップできなくなったので、恐らくそれが原因かと・・・。

 

https://ja.forums.wordpress.org/topic/158985

 

こちらのフォーラムによると次期バージョンでこの不具合に対応してくれるようですので、それまで大人しく待ちたいと思います・・・。

 

AKAI DPS16

2016 年 4 月 15 日 金曜日

※ 臨時休業のお知らせ ※

4/23(土)は都合により臨時休業とさせていただきます。ご迷惑お掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。

 

性懲りもなく・・・。

AKAI DPS16をGETしてしまいました・・・。

 

DSC07560

 

以前の記事でDPS12修理の記事を書いたのですが、やはりハードディスクの音が気になる!

ということで、恐らくIDE 40pinのディスクが使えるであろうDPS16が無性に欲しくなってしまったのです。

 

早速裏蓋を開けてディスクをチェック。。

 

DSC07547 DSC07548

 

そうそう、これです!このタイプのディスクはもはや数百円で購入できます。

 

DSC07550

 

今回は当時静粛性の定評のあったWestern Digitalのものを使用します。元々の容量は20Gで、このWDは40G。

400円でした。

 

DSC07549

 

ネットに点在する数少ない情報をもとに(10年以上前の機種なので)、ハードディスクを「スマートドライブ」という遮音、冷却機能を持った箱に入れて接続します。

これでハードディスクの音対策はバッチリ。

 

DSC07551 DSC07552

 

問題はこのスマートドライブを収納できるスペースがあるか、です。DPS12はハードディスク周りのスペースがほとんどなく無理でしたが、DPS16は割りと余裕があり、イケるかも・・・。

 

DSC07553

 

と思いましたが、かなり難しいです。そのままではつかえてしまい無理でしたので、DPS16本体側の変な小窓?を外しました(Jazz Drive用?)。さらにスマートドライブ側のネジも4つ外します。

 

DSC07555

 

どうにか収納できました。ハードディスクアクセス用の小窓は閉められないので開いたままです。スマートドライブのシルバーの筐体が見えます。

 

DSC07556

 

さていざ起動!と電源を入れてみましたが、最初の起動画面から先に進みません・・・。

 

DSC07557

 

SKIPボタンを押すとスキップできそうなので押してみると、無事通常画面に。そこからディスクメーニューに入り、ハードディスクをフォーマットします。このリボンをつけた女の子のイラストがカワイイです。AKAIの遊び心。

 

DSC07558

 

待つこと20分、フォーマットが完了!録音テストしましたが問題なし!

ディスクのノイズも体感的にほぼ半分くらいまで小さくなり、かなり実用的になりました。

 

–その後–

トラブルも無く順調に稼働しています。

ハードディスクはやはりけっこう熱を持ちますが、一日中稼働していても止まることはないのでどうにかやっていけそうです。

 

エフェクトボード

2016 年 4 月 11 日 月曜日

 

お客様のエフェクトボードのご紹介です。

 

DSC07376

 

写真右下、歪みを2台直列に接続し、片方をブースト的に使用し音色にバリエーションを持たせています。空間系はアリオンのステレオコーラスモディファイとTC、ベルエポックとなかな渋め。

左下のABセレクターでクリーンとドライブを切り替えるようにセッティングされています。

 

エネループでの電源供給の他、9V電池を4台ストックできるBattery Parkも使用。これは電池による音の違いなんか簡単にテストできて面白そうです。

 

またエフェクト間を接続するケーブルは全てBelden。ケーブルが細めで非常に取り回しがよく、日の出光機製作所によるコンパクトなプラグとあいまってボード内がとても広く使うことができますね。こちらのケーブルは当店でも販売中です。

 

Belden パッチケーブル

 

Aria 610mm クラシックギター A-100S-61 【新品・売り切れました】

2016 年 4 月 11 日 月曜日

通常のクラシックギターは弦長が650mmですが、このA-100S-61は610mm

なんと40cmも短いのです。かといってボディサイズ的に小さすぎるのかといえばそうでも無く、パーラーサイズのギターを少し大きくした感じ。男性でも女性でもストレスなく演奏することができます。

 

DSC07535 DSC07540

 

このギター、いちばんのポイントは「鳴りの大きさ!」

ギターは鳴りが命です。弾きやすさや見た目も大事なのですが、何せ音を出してなんぼの楽器、肝心の音がダメではいくら見た目や弾きやすさが優れていてもNGです。

 

このギターは定価が108,000円(税込み)ということで、なかなかの高級機です。ですので材料はもちろんオール単板。どうりで鳴りが良いわけです。しかもこのサイズでこれだけ鳴ってくれるのですから、ギターの設計自体が優れているということでしょう。

 

DSC07538 DSC07536

 

トップはスプルース、サイド&バックはローズウッドとなっています。

 

DSC07537 DSC07539

 

糸巻きも上級グレードのものを使用。回転が非常にスムーズです。

ボディ内部の仕上げもしっかり丁寧です。

 

こちらのギター、一本限り特価でご提供です。普段クラシックギターを弾いている方の2本めとしてもオススメです。ぜひご検討ください!(Aria A-100S-61 新品)

AKAI DPS12 修理

2016 年 4 月 8 日 金曜日

今やレコーディングといえばPCやMacを使用したものが一般的ですが、いまから20年ほど前、自分がまだ大学生だった頃はようやくハードディスクのMTR(マルチトラックレコーダー)が出始めた時期でした。テープと違いいくらエディットしても音質が劣化しないというのがとにかく画期的でした。AKAIの他にもローランドのVSシリーズ、KORGのDシリーズが当時の売れ筋だった記憶です。

 

ふと思い立って、大学生時代にバイトで購入したMTR、AKAIのDPS12を引っ張りだしてみました。

 

DSC07527

 

これ。いまだにちゃんと電源入るんですね~。

 

DSC07528 DSC07530 DSC07529

 

この無機質なクリームホワイト。AKAI色といいいますか、がたまりません。

あとマウスでコントロールするDAWレコーディングと違って、パンやフェーダーを直接グリグリ動かせるのはやはり快感です。

 

 

ですが、ハードディスクや冷却ファンのノイズがすさまじく、とても実用的ではありません。

マイクを立てて録音してみましたが、常にMTRから発するヒュイーンというノイズが入ってしまっています。

 

DSC07513

 

というわけで背面パネルを開けてみました。

 

DSC07514

 

ハードディスクは2.1Gという現在では考えられない低容量。

こちらを新しいものにしようと思ったのですが・・・。このIDE 50pinという規格のHDはとっくに生産完了してしまって、むしろ中古がとんでもないプレミア価格になっていました。ですのでHDの交換は断念。

 

DSC07515

 

かわりにこちらのFANを静音タイプに交換します。

 

DSC07520

 

こちら。このFANも現在は3pinのものが主流で、DPS12についていた2pinのタイプはなかなか無く探すのに苦労しました。

 

DSC07522

 

ケーブルが短かったので継ぎ足して完了です。

また背面パネルをつけて起動してみたのですが、静音効果はイマイチでした。どちらかというとHDを静音化しないと根本的な解決にはならないようです。50pinから40pinなどの変換パーツなどが見つかればゆくゆく交換したいと思います。

 

DSC07519

 

ついでに中身を少し覗いてみました。

ADコンバーターと思わしきチップです。旭化成のAK5340-VSというものでした。現在メインで使用しているオーディオインターフェイスのチップも旭化成ですので、この辺は定番ですね。このメーカーの特徴なのか、少し固めで輪郭のはっきりした音がします。

 

DSC07516

 

DAコンバーターはヤマハ製でした。