10月 « 2016 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

2016 年 10 月 のアーカイブ

レスポール ノイズ対策

2016 年 10 月 25 日 火曜日

レスポールのノイズ対策をしました。

弦に手を触れてもノイズが下がらないということで、弦アースを疑ってみることに。

 

dsc08841 dsc08843

 

スタッドを抜いてみると、かなり腐食していました。そのせいでアースが流れなかったようです。

 

dsc08845

 

ペーパーとコンパウンドで磨きます。

 

dsc08846

 

テスターでチェック。今度は問題無しです。

 

dsc08847 dsc08848

 

念のためキャビティを開けてみると中にも問題が・・・。

キャビティのフタにしっかりシールド加工が施されていますが、それがアースに落ちていません。これでは意味が無いどころか余計なノイズを集めてしまいます。

 

dsc08850

 

アルミテープを貼ってアースが落ちるようにしました。

再度アンプにつないで音出ししてみたところ、しっかりとノイズは消えていました。

 

Gibson “1963 J-45” 2000年製 【中古・売り切れました】

2016 年 10 月 24 日 月曜日

説明不要の定番モデル、ギブソンJ-45にラージピックガードをあしらった”1963″モデルが入荷しました。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08851

 

16年前の製造ということで所々塗装のクラックが出始め、いい雰囲気になってきつつあります。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08854 %e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08853 %e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08852

 

J-45はこの頃標準でFishman製のピックアップを搭載していました。こちらもしっかり搭載しております。出音にも問題ありませんでした。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08860

 

J-45のサウンドを一言で表すと「ドンシャリ」でしょうか・・・。低域にかなりの厚みがあり、高音域もしっかり鳴ります。ボーカルの邪魔をしないのでギターボーカルに多用されるのも納得です。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08855 %e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08856

 

ヘッドにも少々塗装クラックが入っております。ペグはビンテージ感あふれる白丸タイプ。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08858 %e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08857

 

古いものですので弾き傷等ありますが、ネックの反りは無く良い状態でトラスロッドもまだ余裕があります。ナットは新品に交換済。これからの成長が楽しみなJ-45です!(Gibson 1963 J-45 中古 ハードケース付き)

Gibson J-45 ナット作成

2016 年 10 月 20 日 木曜日

GibsonのJ-45が入荷しました!

2000年代の品物で、FISHMAN製と思われるピックアップを内蔵しています。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08833

 

ところが・・・入荷した時は気付かなかったのですが、3弦が開放でビビります。

調べてみるとナットの溝が削れて、弦がフレットに軽く触っている状態でした。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08835

 

ナットを外します。純正のナットですが、とても柔らかい樹脂で出来ています。

これは削れるのが早そう・・・。

ということで、新しくナットを制作します。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08834

 

色味や音質を考えて、オイル漬けのナットにしました。

これは牛骨にオイルが染み込ませてあって、弦の滑りがよく、見た目もビンテージの風合いがあります。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08836 %e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08837

 

こんな感じに仕上がりました。

オリジナルでは無くなってしまいましたが、こちらの方が音質、耐久性ともにUPしています!

 

ナット作成

2016 年 10 月 16 日 日曜日

ここに来てナットの作成依頼が多くなってきました。

今度は河合楽器のアコースティックギターです。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08780

 

かなりの年代ものと思われます。現在はあまりマーチン・コンプレックスみたいなものは無いですが、この頃はマーチンに限らずギブソンやギルドなどのルックスや書体をかなりの精度で真似ていました。それだけハイエンドなギターに対するあこがれが強かったのでしょう。このギターもかなりマーチンに似せてデザインされています。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08782

 

プラスチック製のナット。2弦からポッキリ折れてしまっています。

 

%e5%a4%89%e6%8f%9b-%ef%bd%9e-dsc08781

 

牛骨を削って成形し、一本ずつ溝を切っていきます。

 

デザインだけでなく、当時はほぼ国産で多くのメーカーが試行錯誤してギターを作っていました。このギターも入門用ですが、なかなか味わいのあるサウンドでした。これからは高校生が弾くというこいうことで、ガンガン弾き込んでほしいと思います。

 

One Control / Hooker’s Green Bass Machine 【中古・売り切れました】

2016 年 10 月 11 日 火曜日

ミニサイズ・エフェクターの代表格、One Controlのベース用オーバードライブの中古が入荷しました。

このサイズでも歪みの質感が安っぽくなく、GAINを最大にしなければ芯もしっかり残ります。

 

今回も動画を作成しましたので御覧ください。

 

 

前回「声が聞き取りにくい」というご意見をいただいたので、コンプレッサーとイコライザーで調整してみました。いかがでしょうか?(One Control / Hooker’s Green Bass Machine 中古品 箱・取説付属 )

 

レスポールのナット作成

2016 年 10 月 7 日 金曜日

古いGrecoのレスポールのナット作成をしました。

 

dsc08758

 

まずは一本の牛骨から、ナットの溝にピッタリはまるよう長方形を削り出します。

ほんの数回ヤスリを余分にかけただけでユルユルになってしまうこともあるので、削っては取り付け、削っては取り付けを繰り返します。適度なキツさではまるのが理想です。

 

dsc08759

 

その後はナットらしく形を整えていきます。ナットの溝の感覚をもう少し広げてほしいということですので、専用のスケールで測り目印をつけておきます。

このギターはペグも交換予定ですので、ペグが入荷した後、弦を張り溝を切っていきます。