ウクレレ « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

‘ウクレレ’ カテゴリーのアーカイブ

ウクレレのサドル交換

2018 年 7 月 15 日 日曜日

 

昔、当店でお買い上げいただいたケリイのウクレレです。

最近2弦がビビるということで修理にお持ちいただきました。

 

 

見てみるとネックが大きく逆反りして弦高が低くなりすぎています。

おそらく乾燥によるものと思われます。

ハワイ製の楽器ですので、長野の乾燥する気候に耐えられなかったのでしょう。ケリイは特にネックが薄いのでそのせいもあるかもしれません。

 

 

サドルを高いものに作り変えます。

 

 

ケリイは木製のサドルですが、新しく牛骨を削って作ります。

 

 

割と厚みがあるので、普段ギター用のサドルでは使用しない厚めの素材をセレクトしました。

 

 

こんな感じの仕上がりになりました。ちょっと高級感が出ましたね。

 

YAMAHA ソプラノウクレレ No.60C 【中古・売り切れました】

2017 年 5 月 20 日 土曜日

ヤマハの単板ウクレレNo.60Cの入荷です。

オリジナルは木製ペグですが、こちらは当店で信頼のGOTOH製に変更しチューニングがスムーズになっています。弦もフェイマスのナイロン弦に交換してあります。

 

 

このモデルの魅力といえば、何と言ってもその音でしょう。

最近のウクレレは高音の強調された軽やかなものが多いですが、こちらは中低域がしっかり出ており、全体の音量もあります。1~2万円の入門ウクレレは軽く飛び越している音質です。

 

 

キズは多めですが演奏には問題ない程度です。

 

 

恐らく製造から50年は経過していると思われます。おじいちゃんウクレレですが、まだまだ元気に鳴ってくれます!(YAMAHA ソプラノウクレレ No.60C 中古)

 

YAMAHA ウクレレ修理

2017 年 1 月 31 日 火曜日

いまは見ない、ヤマハのウクレレ修理です。

 

 

こんなペグ。何と木製です。見た目はカッコいいのですが、微調整がしにくく簡単に抜けてしまうのが欠点。

 

 

というわけでGOTOH製のペグに交換します。

 

 

若干ペグ穴を広げて取り付ければOK。このモデルのペグ交換は以前もやったことがあるのでスムーズでした。

 

そして肝心の仕上がり写真を忘れました(汗)

 

以前も書いたかもしれませんが、このヤマハの木製ペグモデル、とても太い音で音量もあり充分使えます。最近のフェイマスなどの入門モデルは高音が強調された「シャカシャカ」した音色で、それはそれで軽快で良いのですが、このヤマハのようなしっかりとした音色のウクレレも弾きごたえがあります。

 

話を聞いたらお母さんが捨てようとしていた所を救出したのだとか・・・(笑)ナイスな判断です!

ストラップ付きジュニアウクレレ

2016 年 12 月 20 日 火曜日

 

このクリスマスシーズンに人気なのが、アラモアナのウクレレにライブラインのストラップをセットした「ストラップ付きジュニアウクレレ」

 

dsc09256

 

ストラップ無しでも人気の商品なのですが、例えば幼稚園くらいのお子様が弾く場合、テレビの歌番組みたいに肩から掛けて弾きたいという要望が多いのです。

 

dsc09258 dsc09257

 

そこで・・・オリジナルで作ってしまいました!

ウクレレのおしりにストラップピンを打って、ライブライン社のウクレレ用ストラップを取り付けてあります。

実際に2才の女の子が首から掛けるとこんな感じです。

 

dsc09259

 

うーんカッコいい!(笑)

ぜひクリスマスプレゼントにご検討ください!

 

YAMAHA ウクレレ ペグ交換

2016 年 9 月 5 日 月曜日

古~いヤマハのウクレレのペグ交換です。

 

DSC08651 DSC08650

 

元々ついていたペグはこんな形。

なんと木製!ルックス的には非常にいいのですが、バイオリンと同じくペグの突っ込み具合で回転トルクが決まるという、なんとも調整しずらいものでした。

 

DSC08653

 

それをこちらのペグに交換します。

 

DSC08654

 

いちどペグをバラバラにしてから取り付けます。

 

DSC08655

 

穴が小さすぎるので、少々拡大します。

 

DSC08656 DSC08657

 

こんな感じに仕上がりました。急にモダンな感じになりました。

このタイプは回転トルクをつまみのネジで調整できるので便利。最近はギアペグも流行ってますが、ルックスでいえばこちらの方がよりウクレレらしいですね。

 

DSC08658

 

最後に弦を張って完了。

古いウクレレなので音もそれなりかな・・・と思っていたのですが、これが結構鳴ってくれます。特に中音域が豊かで、サスティンも充分。

これからもお客様の元でいい音で鳴り続けてくれることでしょう。

 

GCEA ハワイ製プラノウクレレ入荷!

2016 年 5 月 16 日 月曜日

※ お知らせ ※

5/17(火)は都合によりお休みとさせていただきます。5/19(木)より営業いたします。

————————————————————————————————–

 

ハワイ製ながらお値打ちな価格設定で人気の「GCEA」ウクレレが入荷しました!

 

DSC08058 DSC08057

 

まずはマホガニーボディモデル。

オール合板ですが、よく鳴ります。今までハワイ製ウクレレというとオール単板の高級品ばかりですが、こういう入門グレードがあってもいいですよね。

 

DSC08060 DSC08061

 

ブリッジには白木を使い見た目のアクセントになっています。ペグは狂いの少ないギア式。お値段は22,800円税込みです。

 

そしてこちらはコア材合板を使用したモデル。

 

DSC08064 DSC08063

 

ネックはマホガニーで、ヘッドの突板にコア材を貼ってあります。

 

DSC08066 DSC08065

 

マホガニーモデルはさらさらしたサテンフィニッシュでしたが、コア材は薄くニスが塗ってあり、光を当てると鈍く反射します。

こちらのお値段は32,800円税込み。

 

両方弾き比べましたが、どちらも材の特徴が音にしっかり現れていて甲乙つけがたしです。日本を代表するウクレレ工場「三つ葉楽器」さんがハワイに立ち上げた工場で製造されているので品質も折り紙つき。

ぜひ試奏してお好きなほうをお選びください!