DARCO弦 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

DARCO弦

アコギ弦の定番といえばマーチンですが、最近ラインアップがリニューアルされました。

それにより写真左の「M140」は消滅し、後継は右のDARCO「D520」になっております。値段は一緒。

なぜマーチンが一番売れ筋のM-140のブランド名を親しみあるマーチンではなく「DARCO」に変更したのか事情はわかりませんが、肝心なのは内容です。

マーチンのブロンズ弦といえば「赤」というイメージでしたがDARCOブランドになってからはパッケージカラーは「青」になります。開封してみると紙袋に2本ずつ収納されています。この辺は一昔前のマーチン弦と同じで張り間違えの起きにくい親切な仕様です。

弦を取り出してみました。勢いよく伸びてくれます。マーチン時代と全く同じで品質の高さが伺えます。質の悪い弦は弦の巻グセがひどく張りがありません。

実際にギターに張ってみても印象は変わりませんでした。マーチンM-140といえばアコギの弦交換依頼があった時に真っ先に候補に上がる弦。それこそ何百セットも張っているのでこの弦の特徴はよく知っているつもりです。

結論としてはブランド名やパッケージが変わっただけで、M140と全く同じ弦と考えてよいと思います。今までマーチン弦を愛用していた方も、安心してDARCO弦をお求めください!

コメントをどうぞ