Epiphone LesPaul Standard « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

Epiphone LesPaul Standard

先日買い取らせていただいたEpiphone LesPaul Standard。

Gibson社のセカンドブランドとして、製造を中国やインドネシアで行っている入門モデルです。しかしGibson直系とあって、ヘッドにはしっかりLesPaulのロゴが入り、トラスロッドカバーには「Gibson」の文字も見えます。

中古で入荷したギターは必ず入念にチェックし、メンテナンスをしてお店に並べています。

が、今回のこのギターは手ごわかったです。

まず錆びまくってしまったエスカッションのネジを全交換しようと外しに掛かったのですが、全くドライバーが効かない!ボロボロとこぼれていってしまいます。

結局ニッパーでエスカッションを切り、それからペンチでネジを回すことに。

フロントは錆びてなかったので無事だったのですが、色を揃えるために前後とも交換しないとダメそうです。

ようやく取れました。

しかしこのギター、現在のEpiphoneのようなテカテカ塗装ではありません。ラッカーのように鈍い輝きでちょっと高級感があります。

ちょっとググってみると、2002年にGibsonは自社の中国工場を設立し、当初はかなり力を入れてエピフォンを製造していたんだとか。このモデルは2003年製造ですので工場設立の翌年。割とコストをかけて作っていた時期なのかもしれません。

とてもいい風合いなのでこれからしっかりメンテしてお店に並べようとおもいます。

コメントをどうぞ