ハーモニカの調律 « MY楽器 上田市の楽器屋さんです

ハーモニカの調律

だいぶ古い、トンボのクロマチック・ハーモニカが持ち込まれました。「ド」の音程が低くなっているとのこと。

吹いて確認してみると確かに「ド」の音が「シ」まで下がってしまっています。早速分解してみましたが、開けてびっくり、中のパーツは長年の汚れでえらいことに・・・。修理の前にまずクリーニングが必要ということで、ブラシで慎重に磨きました。

その後問題のリードを削る作業。ハーモニカはこの小さな金属の板(リード)が震えることで音が出るのです。削り過ぎないようにチューナーとにらめっこしながら慎重に作業を進め、30分ほどで完了しました。

やっぱりピッチの合っているハーモニカを吹くのは気持ちいいですね。

コメント / トラックバック 7 件

  1. Licht より:

    ハーモニカ、大事にされてきたものなんでしょうね、古くてもその方には価値や思い出があるんでしょうね^^
    自分も、ギターで思い出作ってきたのでなんとなくわかります^^
    でも、大変な作業でしたね(汗)

  2. コダマ より:

    ハーモニカは、半ば消耗品的なものと考える人もいるようですね。
    でも楽器はその人にとって大切なもの、管理をしっかりしていつまでも大切に使いたいですよね。

  3. Licht より:

    今日は、スタジオのスタンドが足がゆるくなっていてギターが転倒してしまい、大変なショックでした、、、傷がついてしまい、、、
    今日はテンション低いです泣

  4. マイ楽器 北沢 より:

    あの時ですね、、、恐らく足を固定するロックが解除になっていたようです。本当に申し訳ないです。。

  5. Licht より:

    今日は試奏ありがとうございました、いいエフェクターはそれなりに高いですよね^^
    OCDの音は、クセになりそうです^^

  6. マイ楽器 北沢 より:

    ハーモニカってリードの手入れさえしっかりしてれば半永久的に使えるんですよね。プレートの口への当たり方や、特有の鳴り、やっぱり楽器ですからその楽器ならではの特徴もあるわけで。。そんな特徴を理解しながら末永く楽しむのが、楽器の醍醐味のひとつですよね。

  7. マイ楽器 北沢 より:

    ご来店ありがとうございました。あのあと頑張ってピアノ運びましたよ♪

コメントをどうぞ